ダイエット!〜減量へのチカラ〜 正しいダイエット情報を知って、辛くない楽しさのあるダイエットへ!

ダイエット!減量のチカラ。ダイエットについて色々お教えします!

そのダイエット、本当に効果がありますか?

ダイエット!〜減量へのチカラ〜 TOP  >  ダイエットワード集!D

ダイエットの仕方にも注意!

ダイエットは確かに余分な食料の摂取を控えたり、適度な運動をする事によって、達成されていくものなのですが、それも行き過ぎると、もはやダイエットとは言えなくなります。(むしろ、医療用語が発祥としての「ダイエット」からはかけ離れてしまいます)
行き過ぎたダイエット・不必要なダイエットは避けなければなりません。

無理なダイエットの末・・。

必要の無いダイエットには気を付けましょう。

日本の肥満に関する学会である日本肥満学会では、肥満症とされる患者の判断基準を、1999年に発表しています。そのなかによると「肥満症の定義」という項目があります。 「肥満症とは肥満に起因ないし関連する健康障害を合併するかその合併が予測される場合で、医学的に減量を必要とする病態をいい、疾患単位として取り扱う。」 とされていますが、簡単に言ってしまうと、肥満は医師による治療を必要とする「病気」なのです。これは美容目的のダイエットとはずいぶん違う印象を受けるのではないでしょうか。 例えば日本の20代の女性で肥満度を表す単位であるBMIが正常値である、痩せる必要のない女性の人の7割程が「自分は肥っている。」という調査結果が出ています。これは肥満といった理由よりも美容のためだけのダイエットをされている方が多いということとみられます。ダイエットの必要も無いのに、無理してダイエットを試してみよう!という不必要かつ、またはやり過ぎのダイエットにはくれぐれも注意しておいた方がよいでしょう。 こうした安易にダイエット法を繰り返し紹介し「痩せ礼賛」ともいわれる風潮はメディアの影響が大きいのかもしれません。また細い歌手や女優さんが多い現代では若い女性もそうした姿に非常に影響を受けます。20歳前後の女性の体格だけが痩せ気味と言う統計を見るにつけて、無理なダイエット法を試そうということによる、健康障害が懸念されます。

無理なダイエットによる無月経

上記にも記したとおり、無理なダイエット法を試みようとして健康被害にまで達している、特に若い女性が増えてきているのではないか・・といったことが懸念されています。 急激なダイエット法を試みて減量をした場合や体重の10%以上の減量をした場合に起こりやすいとされています。これは医学的には視床下部性の防御反応とも言われ、飢餓状態を体が感じ取って、そのままで妊娠するのは危険だということで妊娠しないようにしてしまうのかもしれません。これには2種類あります。 第1度無月経は黄体ホルモンの投与で生理が再開するもの。第2度無月経は黄体ホルモンと卵抱ホルモンの2種類を投与しないと生理が再開しないもの。 無理なダイエットによる視床下部異常の無月経は短期間に簡単に治るものではないのだそうです。ただし無月経の期間がある程度長くても、治療によって排卵が起これば妊娠は可能になってきます。これは排卵誘発剤などで治療しますがダイエットをしていて3ヶ月(3周期)生理が止まった場合は、産婦人科などにいる専門医などに受診する事をおすすめします。 大抵の場合はこの治療を受けるとまた体重が増加します。これはむしろ健康に戻って行くのだと言うことなのですから、体重の増えた自分の容姿をあるがままに受け入れられる気持ちが必要です。 特に若い女性にとって、この様なことが起こるのは将来に影響しかねませんし一時の痩せた容姿と引き換えに大きな代償を払うことにもなりかねません。急激なダイエットはこうした結果をもたらす事もあると言うことを頭に入れておくべきでしょう。

pickup

Last update:2017/8/3